本文へスキップ

株式会社もの造りコンサルティング 経営コンサルタント 愛知県 「脱・下請け」 新規顧客開拓 改革プロジェクト ヒューマンエラー防止

TEL. 080-3612-0707

〒444-0202 愛知県岡崎市宮地町馬場17−1

わたしについてHEADLINE

あなたの工場や、製造している部品を見せてくださいませんか。
それだけで、私たちはわかりあえる。言葉なしでも。

保育園時代からプラモデル作りが好きで、18歳の二輪免許取得後はそれが本物のバイクに変わりました。
エンジンまでバラしながら、整備や改造に夢中になりました。
技術系の学校を卒業して就職、装置1台丸ごとの設計を任されるようになったのは、
入社わずか半年後。
ドラフターと鉛筆でゼロから最後まで自分の手で仕上げるのが楽しくて、
トレース紙に何本も線を引いていると完成形が浮かび上がるように感じました。

しかし2006年に携わった新プロジェクトで、いつ終わるとも知れない仕事の山に埋もれた私は、
いつしか部下も同僚も、家族の姿さえ見えなくなります。
1ヵ月の休養後に復帰したのは、開発ではなく工場の製造技術職。
さらにそこから、もうこの手で図面を引くことのない、品質保証の部署へ。

この、自分の手で「つくる」ことから完全に切り離されたセクションで私は、
自分ひとりではなく現場全員による生産性カイゼンの大きな効果と、
数々の下請け工場が対峙している厳しい状況という、2つの新しい事実を知ることになるのです。

エスカレートする品質と価格への要求、さらに不況とリストラの嵐にさらされ、
テレビの、ラジカセの、自動車の工場が、海外に移転する今、
熟練者が去った現場で行われているのは、プロセスに無駄の多いものづくり。
立ち働くのは、経験の浅い派遣社員や、技術を次の世代へ伝えるための時間が残り少ない高齢者たち。

そんな心許ない現場では、ものづくりに関わる人間ならすぐにわかる、独特の誠実な「空気」をお持ちの、
まさに今これをお読みのあなたのような経営者にも、数多くお会いしました。

「仕事さえあればいくらでも作るのに。いくらでも丁寧に、高品質なものを作るのに」

そんな、真摯で、切実な現場の声が、私には聞こえる。
あなたが持つ「ものづくりのDNA」が、私のなかにも刻み込まれているからです。
私たちに共通するこのDNAを絶やさず育てれば、日本の中小企業だって力強く生き残っていける。
自社にしかない技術の活用と、リードタイム短縮による生産性カイゼンの両輪を回せば払った努力に見合う利益をきちんと出しながらも、親会社の都合に振り回される立場から脱却できます。

いつか、手塩にかけた工場や丹精込めて作った部品を、私に見せてくださいませんか。あなたと同じように私も子供のころから深い愛着を持つ「ものづくり」の現場を出発点に、未来へつながる建設的なお話をしましょう。
ものづくりに携わるすべての人々が、その仕事に対する誇りを持ち続けるために。
そしてこの誇り高い仕事が続けられる場を、日本の次の新しい世代へ受け渡すために。




                株式会社もの造りコンサルティング 代表取締役 照井清一

以下のリンクをクリックすれば、会社概要に戻ります。

会社概要

バナースペース

株式会社もの造りコンサルティング

〒444-0202
愛知県岡崎市宮地町馬場17−1

TEL 080-3612-0707
FAX 0564-52-5364